20年以上
国内外の患者様と
向き合ってきた私たち

「天狗」は時代以降修行を重ねた僧が神通力を手に入れ成るものであると考えられてきました。

天狗が手をサッと振ると、物事が一転して変化させることができたと言われています。同様に私たちの施術でサッと痛み、悩み、体の不調、こころの不調も取り除けるよういつも心がけております。

伝説の「天狗」と同じく日々の精進を怠らないことで手に入る「天狗の手」。

そんな願いを込めて、私たちは天狗の手とといいます。

ABOUT US

私たちについて

天狗の手は、前身である徒手療法グレイスとして2003年8月に誕生して以来ずっと、ひとつのことを追求してきました。それは施術後もう悪い状態に戻らない施術づくりです。

グレイス時代には代表の日髙1人で取り組んでいましたが、もっとたくさんの利用者様のデータを取るために会社組織にしました。

さらにたくさんのデータを取るためにベトナムに展開。国を超えた仲間たちと利用者様の症状を無くし、元に戻らない施術を目指して日々奮闘してきました。歩けなかった利用者様が歩けるようになった時、利用者様と抱き合って涙したベトナム人セラピストの言葉は忘れられません。


「先生、私に助けさせてくれてありがとう!」
現在もリモート研修で日々精進中です。

また、天狗の手は無償の健康講座を続けてきました。「姿勢と健康」というこの講座は宮崎とハノイにて、子供たちに、アスリートに、企業で、被災地で、公民館で、教育機関で、行政で、もう15年以上続いています。

同時にスポーツ大会のサポートも行っています。
マラソン、ゴルフ、テニス、バスケット、サーフィンなどパフォーマンスアップを目指して全力でサポートします。

症状の出ない体を手に入れたら何をしましょうか。80歳まで現役で働けるようにしたい。PPK(ピンピンコロリ)で一生自分の足で歩きたい。運動したことないけど100キロマラソンにチャレンジしたい。かっこよく痩せたい。体力をつけたい。ゴルフに復帰して一生続けたいetc…


アフター後の人生に共に寄り添い、サポートしてまいります。上記のほとんどはもう叶えてしまった利用者様の望みです。次はあなたの番!

調整師紹介

天狗の手で経験を積み、独自のトレーニングプログラムを経て一人前のセラピストになることができます。

私たちにとって、セラピストの教育と育成は非常に重要な意味を持ちます。ここでは、一部のセラピストを紹介します。

調整師 小畠

店長

調整師 優貴
6241ADBA-AF14-4840-9CA8-9B3E229DBD35
調整師 日髙

院長

天狗の手は
健康寿命を伸ばすことに
真剣に向き合う

現代ではベッドの上で人生の最後を遂げるのが当たり前になってしまった、おかしな状況があります。本当は、どんな年齢になっても、その歳相当の健康を維持したいものです。ただ残念ながら現代社会では、そのような「当たり前」を望むことが「贅沢」や「夢」になってしまっています。

これを天狗の手で変えたいのです。
ずっと健康でいられるように、身体の整備士を、プロとして。​

OUR BELIEF

私たちの存在意義

健康維持には三本の柱が必要です。

①病気や怪我を治す、あるいはコントロールをする。

②生活習慣を見直す。

③老化する体のエイジングケアを行う。

①は病院。②は自身で行います。

天狗の手は③を担います。

老化は成長期が終わる20歳くらいから始まります。

腰痛や肩こりなどの慢性痛は病気や怪我ではありません。

老化現象です。

症状が出た時の駆け込み寺ではなく、計画的に体のケアを行うこと。

それが健康維持の大きな柱。この柱を支えるために在る。

それが私たち天狗の手です。

hands, holding, smartphone-1853302.jpg

現代社会での課題

今や、パソコンやスマホが生活から切っても切り離せない社会となってしまいました。

そんな中で、実は私たちの身体もそれに適用していくかのように筋肉のバランスや頭蓋骨の支え方も変化してきました。

とは言っても、骨の数や今までにながった筋肉や機能が身体に急に増えることはなく、従来の体のままで無理に適用しようと身体は順応して行っています。

それが故に、身体で多岐に渡って悪影響が出てしまっているのが今の現代人に課せられている問題でもあります。

OUR MISSION

私たちのミッション

今、私たちでできることはなんでしょうか。

ビジョンを語り、夢だけを追いかけていては社会貢献はできません。そのビジョンに向けて、私たちが日々できることをミッションとして掲げ、日々取り組んでおります。

ミッションとして、大きく3つの約束で健康寿命を伸ばすというビジョン達成に向けて最善を尽くしております。

私たちが掲げる3つの約束

ミッションを成し遂げるために

1. 誠実に、技術に向き合う

Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

2. 解決に向けて本質である

Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.

3. 社会と患者様目線で考える

Click edit button to change this text. Lorem ipsum dolor sit amet, consectetur adipiscing elit.